ゲームプランナーまでのプラン

ゲームプランナーになるための道筋をご紹介します!

まずはゲームプランナーについて

プレゼン

ゲームプランナー(ディレクター)の定義は、建設現場に例えると現場監督のようなものです。

ゲームプロデューサーは企画から制作・宣伝・販売といった全体の進行を担い、ゲームプランナーはその企画内容をプログラマー・グラフィックデザイナー・サウンドクリエイターらに伝える役割を担います。

プロデューサーとプランナーは混同しがちですが、別物なのです。

ですが、プランナーは企画発案することもあるので、プロデューサーの役割と境界線があいまいでもあります。

また、プランナーとはいえプログラミング作業に参加することもあるので、ゲーム製作に精通していなければ務まりません。

ゲームプランナーになるには

ゲームプランナーになる方法はいくつかありますが求められる能力は幅広くあります。

作業に必要な仕様書を作成して各セクションに伝達するにしても作業内容や工程が理解できていなければ、製作を回せなくなるからです。

なので、プランナーに勉強内容を絞るのではなく、製作全てに参加して精通しておく必要があります。

アルバイトからプランナー

アルバイトからゲームプランナーを目指す道があります。

もちろんプログラミングを理解していることが大前提としてあり、なおかつゲームを一人で作ったくらいの経験がなければ望みは持てませんが。

アルバイトと独学を重ね、のちに正社員のプログラマーとなってプランナーになる、というのが一つの例です。

アルバイトで働いていれば各部署との連携や製作過程を現場で学べるので、専門学校では実現できない現場経験が早いうちに体験できます。

ゲーム専門学校に通い卒業して就職するのもいいのですが『ゲーム製作は働いてみる方が倍はためになる』という経験談もあるように、独学しながらアルバイトとして目指す道も有力です。

転職してプランナー

転職してゲームプランナーになる場合は、すでにゲーム製作の仕事をしたことがあることを前提としています。

転職サイトには”未経験歓迎”の企業もありますが、経験者が応募することは確実。

経験者と張り合うことになり未経験は不利になります。

なので、働きながら企画立案に必要な発想力、プレゼンテーションなど企画職に必要なコミュニケーションスキルを磨きましょう。

専門学校からプランナー

専門学校からゲームプランナーを目指すことはもっともポピュラーな筋道です。

学校ではプログラミング・作画・シナリオ作成・ゲーム分析などゲーム製作の実作業と発想法を中心に学ぶことが多く一つ一つ意識的に吸収できれば力をつけることができます。

ですが、目的意識が低ければ役立てることができないので、高校卒業からよりも大学・社会人からの中途入学の学生の成功事例が目立ちます。

また、学校の授業は受身でやっていけますが、働くとなると自分から学ぶ自主性が必要となってくるので、在学中から自主性を育てなければ通用しません。

ですが、専門学校は仲間づくりの面で大きなメリットがあります。

授業内容も大切ですが、在学中の仲間が後々になって大切になってくることはゲーム業界を問わずどこの業界でもあります。

学生製作で出会った仲間のつながりができることは専門学校にしかない特典です。

一生涯の仲間を作るなら、ゲーム制作を真剣に取り組める専門学校がベストです!